きょうだい支援の会とは
ロゴその2
きょうだい支援の会の【ブログ】はこちら。

 きょうだい支援の会は、障害児・者のきょうだい支援を目的に、1998年3月から東京都内で活動を行っているセルフヘルプ・グループです。大人になったきょうだいが、今までだれにも言えなかった感情−−忍耐力・洞察力・感謝の念・権利擁護といった肯定的なものだけでなく、罪悪感・孤立・恨み・将来に関する不安など、否定的なものも−−を表現し、さまざまな体験を共有する場の確保に力を入れています。そのため、年10回の話し合い(例会)を開催することが主な活動となっています。

 2001年9月には、日本におけるきょうだい支援活動を促進し活発化するために、米国から講師を招いてきょうだい支援についての講演会・ワークショップを主催しました。経済的・人的資源の関係で、この年にしかできないと判断したからです。その後2005年10月にも米国人講師による講演会・ワークショップを主催しました。幸いなことに、この時に蒔かれたきょうだい支援活動の種は、現在日本各地で芽吹き、次々ときょうだい支援活動についての報告が寄せられています。

 現在は、通常活動に戻り、地道な例会開催を続けております。ご自身が障害児・者(障害の種別や程度は問いません)の「きょうだい」で、集まりに参加したいという方、ぜひいらしてください。大歓迎です! また、心臓病、糖尿病など慢性病の方の「きょうだい」の方もご参加いただけます。ただし,きょうだいの立場の方であっても,きょうだい関連の卒論・修論等を執筆中の方の参加はご遠慮いただいています。例会は、通常は新宿駅近くの喫茶店の個室を借りて行っています。

 きょうだい支援の輪が全国に広がることを願いつつも、私たちの会はとても小さな会のため、電話での個別のご相談や障害児・者の保護者の方からのお問い合わせ、きょうだい支援に関する研修などの講師派遣依頼にはお応えすることができない状況にあります。講師派遣依頼は「きょうだい支援を広める会」までお寄せください。

 きょうだいのおかれている状況や支援の方法についてご関心をお持ちの方は、翻訳冊子(2001年9月に開催した講演会・ワークショップで使用したもの。米国におけるきょうだい支援活動の詳細について、会のメンバーで翻訳しました)をお読みいただき、有効に活用していただけたらと思っております。

 翻訳冊子をもとに、各地で有志の方がそれぞれのグループを作り、きょうだい支援プログラムが広まって、その方たちと情報交換をしながら自分たちの活動を充実させていき、ゆくゆくは、きょうだい支援活動が日本全国で家族支援サービスの一環として位置づけられることが、私たちの夢です。(2007.6.20改訂)

 パソコンがなくて携帯電話だけを利用している方のための ブログを2008年5月に開設し、11月にサイトからリンクしました。(2008.11.08記)

Copyright©2003-2018. きょうだい支援の会 All Rights Reserved.
2003年1月20日開設、2007年8月6日サーバ移転、2018年10月7日サーバ移転

当サイトはリンクフリーですが、事後でかまいませんのででご連絡いただけるとうれしいです。
なお、リンクはトップページhttp://www.geocities.jp/ssgj_tokyo/ にお願いします。

Kataoka,a meeting member of SSGJ, made this web site.Thanks to ホームページのおもちゃ箱イラストわんパグ