きょうだい支援の会は、障害児・者のきょうだい支援を目的に、1998年3月から東京都内で活動を行っているセルフヘルプ・グループです。通常行っている活動は、年9〜10回の例会の開催です。

 会では、その活動内容について次のような規約を設けています。 →きょうだい支援の会 規約

 例会の開催曜日と時間帯は、例会参加者が成人のきょうだいであることを考慮して、金曜日の夕方7時から9時、土曜日の午後3時から5時(時に応じて4時から6時なども)、日曜日の午後3時から5時のいずれかで行うことを原則としています。メンバーそれぞれ、仕事や家庭があるために、いつも同じ曜日だと一度も参加できないという人が出てきてしまうからです。きょうだい支援の会では、なるべく多くの方に来ていただき、それぞれの「思い」を伝えていただきたいと考えています。そのため、遠距離から参加されるメンバーのために、その方にとってアクセスのよい場所を設定して例会を行ったこともあります。

 また、例会の中では、参加されるメンバーの年齢やきょうだい構成、兄弟姉妹の障害種別や程度を考慮して、さらに小グループに分かれての話し合いの場を設けることもあります。より共感を得やすい環境で、今までだれにも話せずにいたさまざまな感情を表現することを大切にしたいと考えているからです。例会での約束ごとは、次のようになっています。

【例会の原則】→詳しい説明はこちら
  1. プライバシーを守りましょう。他の人に伝えてよいのは、自分の話だけです。
  2. つらい話題のときには無理しないでください。話さなくても聞かなくてもよいです。
  3. だれかの言葉に傷ついたときは、後からでもよいので、静かに率直に伝えましょう。
  4. 自分だけ話すのでなく、他の人の話も聞きましょう。
  5. 他の人の立場や考え方を受け入れましょう。
  6. 自分と他の人に共通する点を探しましょう。
  7. みんなでつくる会にしましょう(今必要としていることは、それぞれ違います。自分が話したいテーマがある場合は遠慮なく言ってください。会の進め方など「運営」に関する意見・アイディアも大歓迎です)。
  8. 政治、宗教を持ち込まないようにしましょう。
  9. なるべく時間どおりに来ましょう。遅れることが予めわかっている場合は、運営係まで連絡をお願いします。当日急に来られなくなった場合は携帯または携帯メールへ。
  10. 会には名簿がありません。誰かに連絡をする必要がある時は、本人の了承を得て連絡先を交換してください。

 初めて例会に参加するメンバーには、事前にまたは初参加の時に原則設定の理由を説明しています。原則については、例会開催時に毎回確認することにしています。
 例会の参加費用は、その時々に配布する資料の実費(20円程度、学習会開催の際は500円)、例会場所の賃貸費用(一人あたり200円〜500円程度)、各自の飲食代などです。会そのものへの参加費(年会費)などは一切必要ありません。
 また、会ではニュースレターは発行していません。それらを編集・配布することによる社会的な啓蒙活動よりは、きょうだい同士のフェイス・トゥ・フェイス(実際に会って話す)の関係作りを優先したいという考えからです。


【会の案内リーフレット】

 2013年9月、会の案内リーフレットを5年ぶりに更新しました。PDFファイルをダウンロードして、A4版の用紙に両面印刷をした後、3つ折りにしてご利用いただければ幸いです。